月別アーカイブ


カテゴリー

写楽ブログ

ベビメタ

いやー、ベビーメタル。飛ぶ鳥も落とす勢いですね。
ハマってます。
私は、ハードロックやメタルで青春を過ごした
オジー、ガンズ、メタリカど真ん中世代です。
要は、メタルがカッコ良かった時代。
ベビーメタルは、ロックの整地UKウェンブリーでの
単独ライブ成功とともにワールドワイドなアーティストと認知され、
メタルヒーローの一員となりました。
ロック好きとしては、聞き逃せないアーティストです。

しかし、 実をいいますと、そんな凄いベビーメタルに
まったく興味がありませんでした。
その実績を聞いて、どれどれとyoutubeで検索したものの、
ものの2分で「そっ閉じ」しました。

自分好みではなかったからです。

そんなある日、
駅でガンズアンドローゼスの来日ライブポスターを指をくわえて見ていたら、
なぜか、ベビメタのロゴマークが、、、
いや、彼女達は一発屋だろ? ガンズの前座にアイドルが出るはずは無い。
と思いつつ気になってwikipediaを見たところ、衝撃の一文を発見しました。

“メタル・ゴッド”ことジューダスプリーストのボーカル、ロブ・ハルフォードが
「ベビーメタルはメタルの未来」 と言っていました。
ロブ・ハルフォードといえば、自分のヒーローの一人です。
次の瞬間、ベビメタを聞きあさってたのは言う迄もありません。
自分好みではなかったにもかかわらず今やファンです。

よく、販促の基本として「誰がそれを言っているのか」
というのが重要とされています。
「友人」が良いと言った物を、良く感じることはよくありますが、
自分は未だかつて「有名人」でそんな気持ちになったことはありませんでした。
それが、一言でかつて「そっ閉じ」した音楽が別のものに一瞬で変わった瞬間を味わいました。

なぜ、そんなに180度変わってしまったのか、
それは、ロブ・ハルフォードが「金」で物事を言わないと信じているからです。
そんな人が言ったから信じる事ができたということです。
これが、メガデスのマーティ・フリードマンの声では、きっと響かなかったでしょう。
なぜなら、彼は日本の商業に深く関わりすぎているからです。

打算的でない人の言葉は響く

逆に、有名人でなくてもいいんだと思いました。
例えば、下町のメタル好きなおばあちゃんの声でも良かったのかもしれません。
マスメディアに対抗するには、「ここら辺の線」なんだなと思いました。
中小企業の販促物でも全然大手企業の広告に対抗出来るであろうと
改めて思った次第でした。

多分今回は、ベビメタイイネ!と言いたかっただけです。
失礼しました。それでは。