月別アーカイブ


カテゴリー

写楽ブログ
1

こち亀

皆さんもご存知 「こち亀」

1976年より週刊少年ジャンプで掲載開始。

40年連載しており、その記録は少年誌の

長期連載のギネス世界記録に認定されているそうです。

おそらく日本人であれば誰もが読んだであろうこの漫画

黒電話から始まり、スマホを操る主人公は後にも先にも

両さんだけかもしれません。

なぜこんなに長く愛され続けられたのでしょうか。

確かに、時代時代の最先端のトレンドを取り入れて

時事ネタも積極的に取り入れてました。

はたやマニアックな展開も多く、

あらぬ方向に行きそうなんだけどそのラインがいつも絶妙。

作者のただならぬバランス感覚に関心したものです。

 

そのヒントが、こち亀に対しての

赤塚不二夫さんの一言に集約されていました。

 

アクションは小学生向け、

セリフの面白さは中高生向け、

テーマは大学生向け

 

そうなんですよね。

テーマは社会的で大人向けだとしても

あくまでも週刊少年ジャンプは、

小学生向けの漫画 メインターゲットである

少年の心を掴む事だけは 常に忘れていなかったんですね。

いつ見てもブレない面子。

程よい新陳代謝。

子供も展開においていかれずに

少年だった自分が大人になっても楽しめる

そんな人を続々と量産していったことが

異例のロングヒットを生み出していったんですね。

 

一番すごかったのは、

作者の集中力だったと思います。

普通、これだけ長期連載していれば飽きてくるので

ターゲットもブレてくるものなのですが

あくまでも貫き通しております。

 

実は、これは何にでも言えることなんですよね。

うまく言っているものは変える必要がないんです。

よく、広告担当者が飽きてきて戦略をいたずらに変えてしまったために

悪い方向にいってしまったというのもよくある話です。

 

ターゲット選定は重要です。

そこらへんの線引も見極めていきたいですね。

ではでは。