月別アーカイブ


カテゴリー

写楽ブログ
chirashi03

ちゃんと効果が出るチラシ。

皆さんこんにちはカナです。

最近急に気温が下がって、やっと暦通りの季節を

感じるようになってきましたね。

 

先日は敬老の日がありましたが、皆さんは

おじいちゃんやおばあちゃんに何か感謝を伝えたりしましたか?

敬老の日といえば、

先日会社のポストに入っていたとある廃品回収業者のチラシも

敬老の日にちなんでキャンペーンをやっていたようでした。

 

そのチラシがこちら。

IMG_2884

「おじいちゃん!おばあちゃん!

ありがとうございます!キャンペーン!!」

 

この業者さんのチラシは定期的にポストに入るので

いつもはすぐに捨ててしまうのですが(ごめんなさい)

 

「そうか、そろそろ敬老の日か・・・」と、

つい目を留めてしまいました。

 

 

 

■時期やイベントに合わせて訴求の仕方を変える

■ターゲットを絞って呼びかける

 

 

という販促手法をうまく利用していますよね^^

素晴らしいです

 

さて、興味を持った私は

「へー、敬老の日に合わせて、

一体どんなサービスをしてくれるの?」

とチラシをよくよく見てみることにしました。

 

すると・・・・・

(これはチラシの裏面です↓↓)

IMG_2885

いつものチラシとなんも変わってないやんけー!!

 

クーポン券は申し訳程度に端っこについていますが

サービスメニューの書き方も、写真も、全部いつも通り。

 

なんと勿体ない!!!

 

「おじいちゃん、おばあちゃんのため」になること

が全く書かれていないのです。

 

せっかく敬老の日で興味を引いたのに

「なんだ、結局いつものチラシか・・・」と

がっかりされてしまいますよね。

これではチラシの効果は期待できません(^^;)

 

でも実は、ほんの少しの工夫をするだけで

ちゃんと「効果の出るチラシ」に変えることができるんです。

 

その方法とは、

それぞれのサービスの紹介を

「おじいちゃんおばあちゃんにとってどんな良いことがあるのか?」

を意識して書き換えるだけなんです。

 

例えば裏面の「お部屋のお片づけ」メニュー。

チラシでは説明にこう書いてあります。

 

「時間がなくてなかなか片付かないお部屋をプロが綺麗にします!」

 

でもおじいちゃんやおばあちゃんの立場になって

一度考えてみてください。

 

ご年配の方がお部屋の片付けができない理由って、

時間がない!よりも

「腰が痛くて重いものが移動できない」とか

「高いところに積みっぱなしの荷物に手が届かない」

などで困っている人の方が多そうですよね?

 

チラシにはにそんな悩みをそのまま書いてあげて、

「重いタンスの移動や、高い場所にある荷物整理も

私たちにお任せください^^」

というようなサービス紹介の仕方にすれば

ご年配の方やそのご家族が「私たちのためのサービスだわ!」

と興味を持ってみてくれるはずです。

 

(困っているご年配の方の写真があると

イメージがつきやすいので更にgoodです^^)

 

皆さんもチラシを作る時には

ターゲットを絞るだけでなく、自分たちの商品・サービスを使うと

「その人にとってどんな良いことがあるのか」

を考えてみてくださいね^^

 

もし「考えるのが大変」という場合は、

いつでも私が相談にのります!^^

気軽にfacebookからメッセージくださいね。

 

年末商戦に向けて

効果の出るチラシづくり一緒に頑張りましょ~!