木下からメッセージ

このページを覗いてくださった求職者のかたへ、代表の木下からメッセージです。

このページを覗いていただきありがとうございます!
代表の木下剛志です!

突然ですが、実は私28歳まで料理人をやっていました。実はそれまでワープロすら触った事が有りませんでした(笑)

だからワープロで会社の資料とかをカッコ良く作ってくる人を「すげぇ出来るヤツ!」的な目で見ていました・・・

今や当たり前にみんなやっている事なんですけどね~

28歳の時に兄貴にMacをもらい、それがきっかけでデザイナーになってからは、私もそんなカッコいい資料をアッという間に作れるようになりました(笑)

ところで皆さんは、デザイナーの本当の仕事はなんだと思われますか?

うちの場合はグラフィックデザインなんですが
wikiで見てみると・・・

グラフィックデザイナーの中心的な任務は、情報を身近で記憶に残る形で伝えること(via:wiki)

と、書いてあります。

私も数年前までそう思っていたのですが、最近は考えが変わってきました。

私たちのように販促に特化しているデザイン事務所のお仕事ってのは

デザインという伝える道具を使って
お客様のビジネスを成功させるお手伝いなんです。

ビジネスのお手伝いなんですから、ビジネスを知らないといけません。そしてマーケティングも使えないといけません。伝えるだけでなく、結果を出さないといけないんです。

写楽にとってデザインは、結果を出すためのツールなんです。

ポスターでも、DMでも、パンフレットでも、看板でも、ホームページでも、ポップでもそれは同じ。
もちろんプロだから美しく伝えるのは当たり前ですよ(笑)

先ほどのワープロの話では無いですが、PCの普及により最近はデザイナーでなくても綺麗なデザインを作る事が出来るようになりました。

美容師さんも、建築会社も、飲食店も、アパレルメーカーも、不動産も、士業の人も、旅館も、パチンコ屋も、接骨院も、小売店も、クリーニング屋も・・・・

あっ、みんな私のマーケティングの仲間なんですけどね(笑)

もちろんデザイナーと比べたら荒削りな物も多いですが、それでも「結果を出す」ってことにおいては彼ら全員がプロのデザイナーよりモノ凄いものを作ります。そして必ず結果を出します。

彼らが口を揃えて言うのが、

デザイナーって言っても、オペレーターばっかじゃ~ん! みんな言われた事しかやってくれないんだよね〜 って(汗)

デザイナーは、いつの間に言われるがママの物しか作れない、オペレーターになってしまったのでしょうか?

本当の事を言うと、ちょっと焦ってます(汗)世の中のデザイナーが「アーティストかぶれ」や「オペレーター」ばっかりになってきて、このまま行くとデザイン業界自体がヤバイですからね。

10年後には、この業界が無くなっているかもしれません。

だから、もっともっと「結果を出せるデザイナー」を増やしてこの業界を活性化させて行かなくちゃ!

こんな考えに共感してもらえるデザイナーを

写楽は大募集しています!

 

 
.