デモ行進から販促の教訓を得た話。

こんばんはカナです!

みなさま、連休エンジョイしてますか??

そしてお仕事の方、同志ですね(笑)お疲れ様です!

今週も寒暖差が激しいようなので体調管理には気をつけてくださいね^^

 

さて、今日は連休のど真ん中。5月1日です。

毎年この5月1日が平日と重なるたびに

「ここも祝日だったらなぁ」と

思うのは私だけではないはず・・・・笑

 

調べてみると5月1日はメーデーと呼ばれる労働者の祭典

があり、国際的には祝日とされている国が多いんだそうです。

 

日本でも、祝日ではありませんが「労働者の日」として

デモ活動が多く行われる日ですよね。

 

私も今日外出先で偶然デモ行進の行列を見かけました。

 

結構長めの行列だったので「何の主張をする団体なんだろう?」

と思い見ていたのですが

行列の先頭にあるマイクが音割れしていて内容がうまく聞き取れません。

 

続いて後ろの人たちが掲げている

のぼりやプラカードを見てみると・・・・

 

「せいそう」

 

大きくひらがなで「せいそう」と書いてあります。

 

 

・・・?!?

 

 

せいそうって・・・・・何??主張は何なの??

 

頭の中はハテナだらけです。

行列の後ろの方にはマイクもなく、参加している人は

無言で歩いていきます。

 

デモ行進の主張内容は様々ですけど、目的は

「多くの人に主張を届け、社会的関心を集めること」のはず。

 

「注目を集めるための戦略かな?」と思い会社に戻ってすぐ

ネットで調べてみたのですが、

未だに何のデモだったのか分からず・・・

 

たくさんの人が暑い中行進していたのに

周りに主張が伝わっていないなんて、

とても残念なことですよね。

 

「見る人が、一瞬で理解できること」

 

私が看板やPOPを書く時の課題なのですが、

人に何かを「伝えたい」時には

販促でもデモ活動でも大事なことなのだと知ることができました。

明日からのPOP作りに、しっかり活かしていきたいと思います!

 

結局、私の「勉強になったな~」報告みたいになっちゃいましたね汗

次週はもう少し皆さんのお役に立てる内容にできるよう頑張ります!

 

ではまた来週~!