月別アーカイブ


カテゴリー

写楽ブログ

モノでは無く、コトを売るってこういうの

ツヨシです! 最近「コトを売る」って言葉をメディアでも良く聞くようになりましたね
 

写楽でも、モノでは無くコトを売るための講座を開催していますが
コトマーケティング体験セミナー
 

多くの場合、なかなか『コト売り』の本質が掴めていないのも現実。。。
なので今日は、僕がよくセミナーで使わせていただいてる事例をご紹介☆
 

さて、皆さんは『お茶』をどういう基準で選んで購入されてますか?
香り? 味?? 金額??? どうでしょう?

ちなみに僕は「脂肪を代謝する!」的なお茶ばかり飲んでいます(笑)
 というよりお茶にあまり興味を持っていないので選ばない。。。
 

でもね
 

そんな僕でも会社を立ち上げて15年間、
一度も切らした事がないお茶がコレ!

スクリーンショット 2017-02-22 9.37.48
茶柱縁起茶
http://www.engicha-honpo.com/
 

昔から「茶柱が立つと縁起がいい」と言われていますよね。

『縁起物なら作っちゃえ!』
と、会議で決まったのかどうなのか知れませんが

このお茶なんと、最初から茶柱が立つように出来ています(笑)

上手いな~♪

お茶(モノ)を売ってるのではなく、
ゲン担ぎとちょっとした笑い(コト)を売ってるんですね
 

でね・・・・
 

実はこの話さらに奥が有ります(笑)
そもそもなんで、茶柱が立つと縁起がいいのでしょう?
このことを誰が言い出したのでしょう?
 

実はこの事を言い出したのは、お茶屋さん。
 

高級なお茶は、新芽だけで作られた一番茶と、二番茶と呼ばれる、茎も混じった物が有ります。もちろん二番茶は味、香りが落ちると言う事で格下扱い。そこで、昔のお茶商人たちが二番茶の売れ残りを危惧して考えだしたのが、
「茶柱が立つと縁起がいいぞ」クチコミ・プロモーション!
 

だったそうな(笑)
一番茶には無い部分「茎」を悪い物として捉えるのでは無く
逆に良い部分として売り出したそうです。
 

結果、それまで伸び悩んでいた二番茶はヒットになって
このクチコミもに広がり、今や縁起物にまで成長したんだそうな。
 

ま、一説にはって話ですけどね(笑)

 

でも、一つの業界の販促活動が
風習になるって珍しい事では有りませんからね。

バレンタインしかり、クリスマスしかり、恵方巻きしかり・・・(笑)