月別アーカイブ


カテゴリー

写楽ブログ

デザイナーに仕事を頼むかどうかの境界線

こんにちは、

銀座写楽の販促デザイナーなりおです♪

久しぶりの仕事は楽しいですね。

(えっ、いつもは楽しくないの…?いえいえそんなことは^^;)

 

この場合の「楽しい」とは、久々で新鮮味があるので楽しい…という意味です。飽き性なものでして(^.^)

 

さてさて今日は、

デザイナーに仕事を頼むかどうかの境界線

について私なりに考えてみたこと…

 

今って、Adobeのillustratorなどのほか、フリーのレイアウトソフトとかも色々充実していて、

プロのデザイナーじゃなくてもきれいなものが作れますよね。

 

それでご自身が満足いってて、結果が出ていれば、ムリにデザイナーに頼む必要は無いと思います。

 

私が思う、”デザイナーに仕事を頼むかどうかの境界線”は、

自分には思いもよらないような or 思いつかない、

自分や自社だけでは絶対に作れなかった…

というものを作ってもらえるかどうかです。

 

ちょっとわかりずらいかなぁ?^^;

 

いかにも食いしん坊的なたとえになりますが、レストランと同じだと思うんです。

 

家庭ではムリな味を堪能できるか。

 

自分でも作れるようなものだったらわざわざお金払って食べに行かないですよね。

 

じゃあそのデザイナーが「自分の想像を超えるものを作ってくれるか」はどう判断するのか、

見分ける方法はと聞かれたら…

 

やっぱり小さなものでもいいので一度仕事を依頼してみるのが早いです。

フツウですが、それが一番…やってみないと、わかりませんから。笑

 

なんでもかんでも「ご要望通りに作ります」とか、

何に対しても「できます!」と言ってきたりする人は要注意かもしれません^^;